物忘れ外来のご案内

増える認知症高齢者

高齢社会を迎え、認知症が増加しています。厚生労働省研究班の調査では、65歳以上の高齢者の15%が認知症であり、2012年時点で約462万人に上るとされています。認知症の前段階である軽度認知障害(MCI)の高齢者も約400万人いると推計されています。65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍となる計算です。
さらに、2025年の認知症患者は、現状の1.5倍となる700万人を超えるというデータが発表されました。これにMCI患者数を加えると、約1300万人となり、65歳以上の3人に1人が認知症患者とその予備軍といえることになります。

このような症状があればご相談ください

  • 同じことを何度も言う・問う・する
  • 財布・通帳など物が盗まれたという
  • しまい忘れ、置き忘れが増え、いつも探している
  • 今日が何月何日かがわからない
  • トイレを失敗することが増えた
  • 料理・運転・計算などのミスがおおくなった
  • 自分の失敗を人のせいにする
  • 「なんか様子がおかしい」と周囲から言われた
  • 「頭がおかしくなった」と本人が言う
  • 薬の飲み間違いがおおくなった
  • 些細なことで怒りっぽくなった
  • 慣れた道でも迷うことがある
  • 趣味や好きなテレビに興味を示さなくなった
  • 下着を替えないなど、身だしなみを構わなくなった最近物忘れが気になる
  • 人に物忘れを指摘されて心配
  • 家族の物忘れが心配

老年期専門医、ソーシャルワーカーがお困りごとを丁寧にお聞きします。

  1. 発達障害者の診断と治療
  2. 物忘れ外来のご案内
  3. 漢方薬について

ページトップへ